MENU
エンタメ

前澤友作の宇宙旅行メンバーを調査!費用は2人分で推定100億円以上?!

前澤友作さんが宇宙旅行へ行きましたね!

一緒に行ったメンバーは誰なのか気になりませんか?

そこで、前澤友作さんが一緒に宇宙旅行へ行ったメンバーを調査しました!

また、今回の宇宙旅行の気になる費用なども推定してみました。

前澤友作の宇宙旅行メンバー

前澤友作さんが2021年12月8日に宇宙旅行へ行きました。

前澤友作さんの宇宙旅行期間の日程は、

2021年12月8日(水)~2021年12月20日(日)

ISSへの滞在期間は12日間です。

民間人がISS滞在するのは日本人としては前澤友作さんが初とのことです。

しかも世界でもたったの10人目だそうですが、前澤友作さん、本当に宇宙旅行を実現させてしまってすごいですね。

前澤友作さんと宇宙旅行へ行かれるメンバーです。

  1. 前澤友作
  2. 平野陽三(カメラマン)
  3. アレクサンダー・ミシュルキン(操縦士)
  4. 小木曽詢(バックアップクルー)
  5. アレクサンドル・スクボルソフ(バックアップクルー)

バックアップクルーとは、プライムクルーが何らかの理由で飛行出来なくなってしまった場合に、そのクルーの代わりに飛行する役目をします。

では今回の宇宙旅行メンバー、5人のプロフィールを1人ずつ紹介していきたいと思います。

①前澤友作

前澤友作プロフィール

  • 生年月日:1975年11月22日(46歳2021年時点)
  • 血液型:O型
  • 所在地:千葉県千葉市
  • 出身校:早稲田実業学高等部
  • 職業:実業家、起業家、ミュージシャン、YouTuber
  • 身長:163㎝

前澤友作さんの経歴を見てみましょう。

  • (2000年4月)有限会社スタート・トゥデイを設立後、株式会社に変更
  • (2007年12月)スタート・トゥデイを東京証券取引所マザーズに上場させる
  • (2018年)株式会社スタート・トゥデイが運営するZOZOTOWNを日本最大級のアパレル通販サイトとして急成長させる
  • (2019年9月12日)ZOZO社長を退任
  • (2019年9月13日)新たな株式会社スタート・トゥデイを設立し代表取締役に就任

すごいですね、かなりの実業家、起業家であることが伺えます。

その他にも、前澤友作さんの高校卒業後には半年間アメリカへ音楽遊学して、バンドでメジャーデビューも果たして元ミュージシャンという経歴も持ち合わせています。

そんな、目標に対しての計り知れない強い信念と行動力を持ち合わせた前澤友作さんだからこそ、民間人初の宇宙旅行も実現できたのでしょうね。

②平野陽三

平野陽三プロフィール

  • 生年月日:1985年(36歳2021年時点)
  • 出身地:愛媛県今治市
  • 出身校:京都府立大学

平野陽三さんは2007年に前澤友作さんが設立した会社、スタート・トゥデイに入社し、2021年現在はマネージャー兼プロデューサーを務めているとのことです。

平野陽三さんはISS滞在の様子を撮影する役割だそうです。

③アレクサンダー・ミシュルキン

アレキサンダー・三シュルキン

  • 生年月日:1997年9月23日(44歳2021年時点)
  • 出身地:ロシア・イェルシチ
  • 職業:宇宙飛行士、ロシア空軍少佐

アレキサンダー・三シュルキンさんは前澤友作さんの宇宙旅行の操縦士です。

今までに2回の宇宙渡航経験があるそうです。

③小木曽詢

小木曽詢プロフィール

  • 生年月日:1990年(31歳2021年時点)
  • 出身地:東京都

小木曽詢さんの情報があまりないのですが、小木曽詢さんが博報堂PRブースのPR担当として参加した時にレポートをされていました。

その時のプロフィールに書かれていたのが、

東京都生まれですが、なんちゃってニューヨーク育ち

とのことでした。

2014年に博報堂入社し、イベントプロデュース、ブランド体験装置開発、戦略PRなどの業務をされています。

小木曽詢さんはバックアップクルーです。

⑤アレクサンドル・スクボルソフ

アレクサンドル・スクボルソフ

  • 生年月日:1966年5月6日(55歳2021年時点)
  • 出身地:ロシア・モスクワ・シチョルコヴォ
  • 職業:宇宙飛行士、ロシア空軍大佐
  • 宇宙滞在期間:176日1時間18分

アレクサンドル・スクボルソフさんは国際宇宙ステーションへの長期滞在を含む宇宙飛行を経験されています。

176日間と長期で宇宙で過ごした経歴がありますがすごいですね!

アレクサンドル・スクボルソフさんもまたバックアップクルーです。

前澤友作の宇宙旅行の費用(推測)

宇宙旅行なんて費用がどれぐらいかかるかなんて、全く予想もつかないですね。

民間人が行けるとしても、よっぽどの資産家、もしくは大富豪でなければ宇宙旅行なんて手が届かず行けません。

…と、いうことは分かるのですが。

そこで、過去のデータからざっと推測してみると、

2000年に8度ISSに送るミッションをしたときの1人あたりの費用額は、

1人22億6000万円~45億2000万円とのことでした。

米放送局CNNが10日までに伝えたところによれば、2000年代に8度行われた同様の民間人をISSに送るミッションは、1人2000万~4000万ドル(22億6000~45億2000万円)だったという。

引用:Yahooニュース

しかし、最近の相場は値上がりして、

1人56億5000万円~67億8000万円ぐらいになったと言われています。

と言うことは、

前澤友作さんと平野陽三さんのお2人で、

宇宙旅行の費用は軽く100億以上だと推定!

と言うことになります。

前澤友作さんも、

宇宙旅行の費用は100億円と言われているけど、

「まぁそんな感じ」と言及しています。

宇宙旅行、2人で100億円以上…

もう次元が違いますね。

まとめ

前澤勇作さんの宇宙旅行メンバーと宇宙旅行の費用(推定)を見てきました。

宇宙旅行の費用だけでも次元を超えた金額となっていますが、それに加えて宇宙からお金配りもするそうです。

前澤友作がお金配りを開始!やり方や条件など応募方法のまとめ!宇宙より☆彡前澤友作さんが宇宙からお金配りを開始したので、そのやり方、条件などをまとめてみました。 前澤友作さんが宇宙にいる間は、2021年12月...

 

error: Content is protected !!